トイレ・水のトラブルならお任せください!

事前調査無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-127-151

フリーダイヤル0120-127-151

ノロウィルス対策

冬に流行しやすいウイルス性の食中毒である「ノロウイルス」。
唾や嘔吐物の飛沫物を吸い込んでしまって感染することは知られていることですが、感染者の排泄物1グラムあたりには約数千万から数億ものノロウイルスがいるそうです。 人間の腸の中で増殖するノロウイルスはトイレにおいても二次感染を引き起こす可能性が非常に高いので、ご家族がノロウイルスに感染した時にはトイレでも感染予防対策を行わなければなりません。

尿が飛び散りやすい便器周辺の床や壁、便座カバーやトイレマット、衣類の袖口などもトイレの中でノロウイルスが付着しやすい箇所となっていますので、感染を防ぐためにはこまめなお洗濯や消毒、トイレのスリッパと室内用のスリッパの使い分けをする必要があります。

ノロウイルスの感染予防には、トイレを使用した後以外にもこまめに手を洗ったりタオルを共有しないようにしたり、トイレのドア部分や便座など体が接触する場所の消毒行いましょう。

ノロウイルスの症状が改善された後でも、一週間から一ヶ月程度排泄物にノロウイルスがいますので症状が現れていなくても排泄物や手の触れる場所から汚染する可能性があります。
トイレから出る前には必ず手を洗いましょう。

トイレ詰まりなど水に関するトラブルなら【トイレ・水のトラブルjp】にご相談ください!

スタッフ待機中!