トイレ・水のトラブルならお任せください!

事前調査無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-127-151

フリーダイヤル0120-127-151

悪臭の原因

こまめにトイレのお掃除をしているのに、トイレの室内がなんだか臭うとお困りではないですか?
どんなに香りのいい芳香剤や消臭剤を使用しても、臭いの原因となるものを排除しない限りはその努力も骨折り損となってしまいます。

トイレのイヤな臭いの原因は大きく2種類に分類することができます。

1.トイレ使用後の臭い
トイレを使用した時は、排泄物からでるメタンガスなどから嫌な臭いが発生します。水の中に排泄物を落とすと臭いは少なくなりますので、洋式便器よりも臭いが出やすい和式便器を使用した時は、ガスが空気中に出る前に素早く排泄物を流すと臭いが広がるのを防ぐことができます。排泄後の臭いが気になる場合は、噴霧式のスプレーなどを使用してトイレ空間をいい香りにしましょう。

2.尿石の臭い
尿石は、尿の成分にあるカルシウムイオンが、カルシウム化合物となって便器や配管に付着や沈積したものなので、色は尿の色素の色である茶色や黄色になっています。 尿石をバクテリアが分解する過程でガスを発生させるので、尿石がたまるとアンモニア臭を感じるので、臭いの原因である尿石を除去しましょう。

使用頻度の高い公共の施設にあるトイレでは、水栓便器の洗浄水に尿石の除去や付着を防止する薬剤を添加する装置を設置して、尿石対策を行っています。

トイレ詰まりなど水に関するトラブルなら【トイレ・水のトラブルjp】にご相談ください!

スタッフ待機中!